プロフィール

水着戦士

Author:水着戦士
魔法使いになった水着戦士

Blade&Soul 日本版サービスを引退、中国版に専念いたします。現在、AION時代のブログ様式を新しく変更作業中です(o^-')b

Blade&Soul

MMORPG ブレイドアンドソウル

Blade&Soul オリジナルキャラメイクソース配布中
 → こちら!

Blade&Soul 中国無料プレイ体験を♪
 → こちら 常時更新中?

最新記事

最新コメント

ブレイドアンドソウル Twitter

カテゴリ

FC2カウンター

2014年2月8日アクセス数が20,000ヒットとなりました!
感謝感激です♪
2014年3月15日 一気にアクセス数が30,000ヒットとなりました! 皆さま、ありがとうございます!
2014年4月16日 アクセス数が40,000ヒットとなりました! もう、びっくりです!
2014年5月7日 アクセス数が50,000ヒットとなりました! ^-^b
2014年5月19日 悲しみのアクセス
60,000ヒット。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
2014年7月22日 アクセス80,000ヒット!
2014年11月9日 アクセス90,000ヒット!
2013年3月11日 アクセス数が100,000ヒットとなりました!
 ブレイドアンドソウル日本版基本無料化効果ですね!

Copyright


【完美世界】
Copyright (c) 2006 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
(c) Perfect World Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

【AION】
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

【TERA】
Published by NHN Japan Corp.
Copyright c BlueholeStudio Inc. All right reserved.

【Minecraft】
Mojang © 2009-2012. "Minecraft" is a trademark of Mojang

【The Elder Scrolls V Skyrim】
©2011 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. All Rights Reserved

【Blade & Soul】
Blade & Soul (R) is a registered trademark of NCsoft corporation. Developed by Team Bloodlust. Copyright © NCsoft corporation. All rights reserved.
Licensed to Tencent Inc. in China
NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.

リンク

Blade&Soulの個人ブログ

当サイトについて

利用者の方へ

当ブログは、ネタと釣と罠でできています。
釣られて罠に嵌らないようにお気をつけください^-^b

当サイトへの書き込みは、個別に承認を行っておりますので、制約は設けていませんが、
直接リンクまたは、当サイトへのアドレスの記載などを行いたい場合は、 お手数ですが事前にご相談ください。

無断でリンク等をされた場合、その内容によっては、 アドレス公開などを含む断固たる処置をとることもありえますので、 あらかじめご承知おきください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察】Blade&Soul 中国版アップデート

3月の中国版ブレソのアップデートでは、
次の英雄級IDの「血の色上漁港」及び
その24人ID版「夜に血の色上漁港を散歩してみたらとんでもない場所でした」
そしてぼっちプレイヤーのためのソロID「武神の塔」
が実装されます。

今回私が注目したのは、
この

ポファランのおじいちゃんであるヘムジンではなく
また超セクシーなチョンラン、ホンランちゃんでもなく

「ギルドシステムのアップデート」についてです。
実は、韓国本国版のギルドシステムはごく最近にアップデートがおこなわれたところであり、
今回中国版で実装されるであろう製作システムなどが実装されました。


何も考えなければ韓国で実装したものを中国にも実装するんだな。
で、終わってしまうのが普通の人の反応だと思うのですが、

「ネタと釣と罠」の当ブログ管理人が見落とすわけがありません♪

私が気付いたのは韓国版のギルドシステムのアップデートは
LV50のプレーヤーのためのシステムであるということです。

それに対して中国版はまだレベルキャップの解放をおこないませんので、LV45のままです。
なぜLVに差があるのか、差がついてしまったのか・・・?

つまり、中国版(実はグローバル展開用のモデル)では、ギルドシステムの充実を図ろうとしている。
韓国版と比較して、ギルドを活発化させようとしていると判断をいたしました。



で、そこでです!


韓国本国版では、先日ギルド間戦争である「地獄」が実装されました。

※4亀様掲載の動画

ですが、もはやグローバル展開用のテストサーバーとなってしまった(韓国プレーヤー談)韓国版ブレソでは、
ギルドの活動はその勢力の長年にわたるアンバランス化により既に崩壊しているとのことです。
このため、「地獄」実装直後からお葬式状態に近かったということのようです。


ですが、だからこそ!

サービス開始からまだ3ヶ月しか経過していない中国版では、
ギルドシステムが崩壊する前に、
近々にこの「地獄」コンテンツを
中国版へ投入するのではないか
と、
そう予想してみました。

韓国版の地獄の参加条件はLV50が対象のコンテンツですが、
これを現状の45から実装するのではないかと、いう予想です。
メインストーリー的に整合しない可能性もありますが、
私が考えるにおそらく多少の手直しでいけるはず。
なので韓国有料テストサーバーでの調整を終えたあたりが導入時期になりそうな気がします。

だからこそ、今回のギルドシステムのアップデートを注目して見守っているところなのです。



さあ、大規模戦争コンテンツは いつ実装されるのでしょうね?
そして、日本サービスにどう影響を与えるのでしょうか?


これからが楽しみです♪
スポンサーサイト

テーマ : ブレイドアンドソウル(Blade&Soul) - ジャンル : オンラインゲーム

<< 【保存版】Blade&Soul 日本サービスに向けて、キャラクターメイクをやってみましょう! | ホーム | 【×伝導士×】Blade&Soul ああ・・・ またやっちゃったね; >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。